コンテンツ一覧

Mahout | Solr | Android | Environment

2015年9月7日月曜日

大腸ガンの情報

あとで見る。
https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/search/j07/0038.jsp

ある方の闘病記。どのような理由であれば、このような情報を公開してくれていることに深く感謝します。

カンプト➕マイトマイシン 二回目
http://shufumichi.blogspot.jp/2014/10/blog-post_10.html
この抗がん剤は下痢以外の副作用があまりないので、がんばれそうです。食欲も体重もじわじわと戻ってきています。



待ち遠しい新治療法ーBNCT
http://shufumichi.blogspot.jp/2014/08/bnct.html
原子炉などからの中性子とガン組織に取り込まれた中性子との反応断面積が大きい元素との核反応によって発生する粒子放射線によって、選択的にガン細胞を殺すという原理に基づくガン治療法(放射線療法)である。この治療法に用いられる中性子増感元素としては10B、157Gd等が考えられているが、現在はホウ素のみが用いられており、この場合特にホウ素中性子捕捉療法(ほうそちゅうせいしほそくりょうほう、英 Boron Neutron Capture Therapy、BNCT)と呼ばれる。



メモ:(元記事:日経メディカル) 悪液質への介入―浮上した炎症制御の重要性

悪液質への介入―浮上した炎症制御の重要性
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/search/cancer/cr/201002/513965_4.html

三木氏は、75歳の直腸がん・多発肺転移(stage IV)の患者にプロシュアを摂取してもらった症例を示す。受診時は発症前70kgあった体重は50kgとなり、1日の多くを臥床して過ごす状態にあった。三木氏の悪液質分類では最も悪いD判定だったが、1日2パックのプロシュアを通常の食事に加えたところ、2週間後にCへと改善、さらに1カ月後にはA判定となった。CRPも受診時は1.3mg/dLだったが、1カ月半後には0.5mg/dLに低下した。この結果、当初無理と判断されていたFOLFOX(5FU/ロイコボリン/オキサリプラチン)をフル用量で施行できるまでになった。また、減少していた体重も1カ月で55kgへと増えた。

プロシュアはじめました / 炎症性サイトカインとその関係
http://shufumichi.blogspot.jp/2014/08/blog-post.html

ちょうど食事が全くとれなくなったころから右肩上がりでCRP値があがっていて、看護師さんはこの値をすごく気にしていたんだけれども、ごにょごにょってかんじでなぜあがっているのかをごまかされてたっていうか、はっきりとなぜかは教えてくれなかったんだけど、そういうことだったのかー。
炎症性サイトカインというやつは悪い事をするやつのようで、がん細胞が増殖するときにもたくさん出てきて食欲不振や体重減少を引き起こすもとになっているらしい。そして血液中のCRP値も増加すると。



2015年9月4日金曜日

がん研有明病院

http://www.jfcr.or.jp/hospital/

セカンドオピニオン
http://www.jfcr.or.jp/hospital/examination/outpatient/second_opinion.html
相談料30分以内のご相談 32,400円(税込)
30分を超える場合、30分毎に加算 10,800円(税込)

丸山ワクチン

どれぐらい効果があるか分からないが藁にもすがる思いで使ってみたい。近所の診療所に相談すると処置してくれるらしい。ありがたい。

大腸ガンの薬

知人はゼローダを使っているようです。投薬すると影が消えるものの、投薬を止めると、再度発生してしまうらしい。個人差があると思うがメモとして記録しておく。

2015年8月16日日曜日

Make in India:バイオテクノロジー産業

http://www.india-bizportal.com/jacomp/column-jacomp/p19028/

インドのバイオテクノロジー産業は、バイオファーマ、バイオサービス、バイオ農業、バイオ工業、バイオインフォマティクスの5つの主要セグメントに分類されている。2013年度のバイオテクノロジー産業の総売上における分野別シェアは、バイオファーマが63%、バイオサービスが13%、バイオ工業が3%、そしてバイオインフォマティクスは1%であった。